寂しいけれど、一区切り - tenshinoasobi :ひとりごと

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

※ブログランキングに参加しています。宜しければ応援くださいね。
 FC2Blog Ranking にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--(--:--)|コメント(-)トラックバック(-)Edit

寂しいけれど、一区切り

今日、掛かりつけの心療内科で、ひと通りお話してから、先生に「楽しみってある?」と唐突に聞かれました。
えっ、何?と、返答に困っていたら、「テレビを見てる?」と言葉が続いたので、「そうですね~。あとは編み物をしたりかな。最近はあまりしていないですけどね~」と答えました。

すると、先生が「作業療法、一区切りにしてもいいかな?」と仰ったのです。
少し間を置いて、「そうですね。お休みの日に行きたかったけれど、なかなか行けないし・・・。お休みの日は、ゆっくりしたいですしね~」と、私。

そして、「作業療法を活用して、どうだった?」と尋ねられ、「良かったですよ。作業療法士さんに良い影響を受けたし、仲間もできたし・・・」と改めて感想を述べました。


今年に入ってから、私は作業療法のプログラムには一度も参加していないんです。
6月のお祭りがあった時に顔を出しただけ。

1~2月はサボっていて、3月中旬に今のアルバイトを始めてからは、なかなか行く機会がありませんでした。
でも、気持ちはまだ、行ける時には行きたいなぁと思っていたんです。
ところが、現実はままなりません。
結局行けぬまま、今日、先生に「一区切りにしてもいいかな?」と言われたのでした。


仕方ないことだけど、やっぱり寂しいです。
一度、ご挨拶に行こうかな。





関連記事

※ブログランキングに参加しています。宜しければ応援くださいね。
 FC2Blog Ranking にほんブログ村 その他日記ブログ 40代 日々のできごとへ

タグキーワード
2014.09.01(19:04)|Genre:心と身体|Thread:ありがとうコメント(0)トラックバック(0)Edit
コメント
非公開コメント

トラックバック
Copyright © tenshinoasobi :ひとりごと All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。